キッチン周りをすっきりさせるにはステンレス製のビルトインコンロが最適

コンロ1

マイホームの建築やリフォームの際にはキッチン周りにも気を配るのが快適に暮らすための秘訣です。近年の主流になっているビルトインコンロはコンロ部分がキッチンと一体化しているので、無駄な空きスペースが無い効率的な構造になっています。

ビルトインコンロの性能やお手入れ方法を学び、毎日の炊事をより楽しく行うことを心がけましょう。

コンロが汚れる理由と適した材質

コンロは現代の炊事に不可欠ですが、用途の性質上料理中の食材がこぼれて汚れが付いてしまう欠点もあります。高温の油脂や糖分などがこびり付いて固まると取り除くのもひと苦労です。コンロの掃除は汚れが付いた部分を拭き取るのが一般的な方法ですが、わずかでも汚れが残ると悪臭やカビの発生原因になるので丁寧な清掃が必要です。

汚れを綺麗に取り除くには油脂や熱水、糖分などの刺激に強いステンレス製のコンロが最も適しています。ステンレスはサビが発生しにくい加工が施されている合金の一種で、軽量でありながら耐久性が高い特徴があります。

水に濡れてもサビが出にくいことからキッチンなどの水回りで多用されています。熱による変質もしにくく、炎を出すコンロの外装にも最適です。

ビルトインコンロの需要が増えている理由

キッチンと一体化した作りになっているビルトインコンロは新しいスタイルのキッチン設備として注目されています。見た目の格好良さだけではなく、キッチン周りとの一体化によって無駄な空きスペースが出来ないのが大きな利点です。

従来のコンロはキッチンの専用スペースに置いて使うのが普通でした。しかし、スペースの大きさにコンロを合わせる必要があるため、場合によっては買い替える必要が生じるのが欠点でもありました。また、スペースとコンロの間に生じるすき間に食材や油脂などが入り込んで汚れてしまい、キッチン周りが不潔になってしまうのも悩みの種になっていました。

そのため、一体化した形であるビルトインコンロはキッチンを清潔に保つのに適した設備と言えます。

ビルトインコンロを導入する際の注意点

ビルトインコンロは衛生的に使用出来る利点がある一方で、全体の設備が大型なことから導入するためには広いスペースが必要になります。

コンロを買い替えるだけでは済まないため、ビルトインコンロの導入はキッチン周りの大掛かりなリフォームやマイホームの建築時に行うのが普通です。また、ビルトインコンロはコンロ部分がキッチンと繋がっていることから、故障した際の修理が難しい欠点もあります。

既存のコンロと入れ替えることは出来ない物が多いので、故障した際は専門の業者に作業を依頼することは避けられません。時間と手間がかかってしまいますから、慎重な扱いが必要になります。また、ビルトインコンロは高額なため、導入の際は使用頻度やキッチンのスペースを考慮して判断することが大切です。

ステンレス製のビルトインコンロのお手入れ方法

ステンレス製のコンロは外装に汚れが付着した際に拭き取ることで清潔さを保つことが出来ます。ビルトインコンロもお手入れ方法は同様で、特に難しい作業は必要ありません。グリルの内部など入り組んだ所の清掃を行う際は、炎の噴出口の詰まりや破損が起きないように丁寧な作業を心がけます。

油脂などの焦げがこびり付いた部分は金属たわしで擦りたくなりますが、微小な傷が生じるとその部分の耐久性が低下してしまい、ステンレス製でありながらサビが出来る可能性があります。しつこい汚れは台所用洗剤を含んだ温水に濡らして溶解させるのが最適な方法です。

コンロに傷を付けずに汚れを除去することが出来ますが、時間がかかる点は考慮する必要があるでしょう。

コンロを入れ替える費用と燃料の確認

ビルトインコンロの導入は古いキッチン周りのリフォームが必要になることがあります。コンロ設備が大型ですから、場合によっては壁を取り除くことも考えなければいけません。ビルトインコンロの購入に加えてリフォーム工事の費用も生じることから、予算には十分な余裕を持たせることが必要です。

旧式のビルトインコンロを使っているキッチンでは基本的な設備をそのまま使い回し出来るケースがあるので費用の節約に繋がりますが、そのようなケースは非常に稀です。あくまでキッチン周りを大きく入れ替えることを前提にしてリフォームに取り組むことが重要になります。

交換済みの古いコンロを処分する必要も生じるため、併せて注意することが大切です。

多くのビルトインコンロは一般的なコンロと同様にガスを燃料にしています。都市ガスとプロパンガスとで部品の規格が異なるので、事故を防ぐためには必ず同一のガスで動く製品を選びましょう。コンロの性能や安全性はメーカーの資料で確認出来るので、導入の際は詳細を確認しながらアドバイスを受けるのが無難です。

ビルトインコンロの便利な使い方

キッチンと一体化しているビルトインコンロはコンロ部分の下部スペースの使い方が利便性の高さを左右します。料理にこだわりたい人は下部スペースがオーブンになっている製品を選ぶのが最適です。ビルトインコンロに付属しているオーブンは火力が強く、コンロでは難しい料理も簡単にこなすことが出来ます。

そのため、料理のレパートリーを広げたい人に向いているでしょう。一方、キッチン周りの収納スペースを確保したい人は下部スペースが収納庫になっている製品が便利です。オーブン付きのビルトインコンロよりも安価で、導入時の費用を節約することが可能です。

ビルトインコンロは大型の製品が一般的ですが、日本の住宅の間取りに合わせたコンパクトな製品も市販されているので用途に合わせて選べるようになっています。

ビルトインコンロの火がつかない!原因や対策とは?

ビルトインコンロは毎日使うことを前提に選ぶ

炊事は毎日行う家事ですから、コンロは快適に使える物を選ぶのが第一です。ビルトインコンロも毎日使うことを前提に選ぶのが便利に使うための条件で、製品別の性能の違いを十分に考慮することを心がけます。特に炊事の回数が多い人はお手入れが簡単に出来ることも重要な選択肢の一つと認識しながら、こだわって製品を選ぶことが大切です。

同じビルトインコンロの名称でもメーカーによって性能が異なるので、生活様式や予算、炊事の回数などを踏まえて最適な製品を選ぶのが毎日の炊事をより快適かつ便利に行うためのポイントになります。使い勝手が良いビルトインコンロは子や孫の世代に至るまで長く使い続けることが可能で、家族全体の思い出の設備として愛用するのに最適です。

参考リンク『交換できるくん